品種紹介

「こうこう」は弘前大学の塩崎雄之輔氏により、1981(昭和56)年に青森県南津軽郡藤崎町において、真っ赤なりんごである弘大1号にふじを 交配し、その250本の実生の中から選抜・育成したものです。その後、増殖を行いながら特性の調査を継続し、1994(平成6)年にその特性が安定してい ることを確認して育成を完了しました。

両親が赤いりんごですが成熟すると黄色になる品種で、初めて結実したのは1987年でした。藤崎町において10月下旬~11月初旬に成熟します。品種登録は1999(平成11)年です。

特徴

黄色い果肉
黄色い果肉のりんご「こうこう」

円形ないし扁円形、300g前後の中程度の大きさの黄色い果実のため、赤い色が着く品種のように、秋になって葉摘みなどの色をよくつけるための作業は不要です。

また斑点落葉病という病気には、抵抗力の強い父品種のふじよりもっと強い品種です。

食味

果肉は黄色でしっかりしていて、蜜がたくさん入ります。甘く、芳香もあり、酸味も穏やかで、甘酸適和の多汁なりんごです。

貯蔵性は非常によく、長期保存ができます。保存しておいてもちょうどよい硬さを保ち、ぱりぱりとした口当たりのよい美味いりんごです。